三原氏物語

有り余る時間と珈琲で、誰もが憧れる無敵の障害者を目指すアラサーの妄想日記

真面目さを払拭して可愛くなりたいとか思う。

以上、以下、未満。

 

雑談

職業。大概の人は「サラリーマン」 これに尽きると思う。少なくとも、アタイの縄張りとしているエリア、丸の内、大手町では。

 

彼らが仕事で何をやっているのかは知らん。勝手な想像では簿記の延長線上でひたすら借方と貸方の辻褄をあわせ、外国語でグローバルに商談をしているのだろう。と思っている。

 

この丸の内界隈でのビジネスってのを、実情は知らんが働いている人間の愚痴みたいなものだけを拾うことは出来る。カフェや喫煙所に行くだけでいい。

 

f:id:shaggydot:20210620131302p:plain

若者が集まる渋谷や原宿と比べれば、丸の内や大手町のスタバは全く客がいなくて作業をするには快適だ。当然何かしらの作業をパソコンでしているサラリーマンもいる。

オフィスで仕事をしていても煮詰まるから、気分転換にカフェでパソコンを開いているのかもしれない。珈琲の受け取りを待ちながら背中越しに何をやっているのかは丸見えで、多くはメールソフトではあるものの、第三者に見られても良い内容なのかは不明だ。

 

一方で清掃の行き届いたオフィスビルの喫煙所は、部外者でも利用が出来る。この界隈では、どこも喫煙所は平日は常に4人以上が人数制限の関係で順番待ちをしている。貴重な休憩時間をそんな事に費やすくらいならば、タバコを辞めたほうが合理的だろうに。と、ヴァイトの分際のアタイは思う。

 

大手町周辺では、せいぜいビルの2階くらいまでは商業エリアで誰でも利用することが出来、そこから上は社員証というICカードが入れられただけの首輪、まさに社畜アイデンティティでゲートを通過しないと入れないようになっているところがほとんどで、しかしながらこうして喫煙所に列が出来ているのを観察している限りでは、社内やオフィスに喫煙所は存在しないのだと推測が出来る。

 

空いているときには平然とアタイもソイツらに混じってタバコを吸ったりしてボケーッとした顔をしながら真剣に聴覚に集中している。誰が何の話をしているかを聞くためだ。

別にこんな喫煙所トークは小耳に挟んでも、1円の価値にもならない。ただ、大都市である東京はエリアによって会話の内容が全く異なるのが面白いから聴いているだけに過ぎない。

 

来週から〇〇さん、シンガポールに出張なんだってさ

 

インドの支店から全然返事来ないんだけど

 

ベトナムの現地の視察とか勘弁してほしいわー

 

アジェンダが〜〜

 

 

みたいな会話ばっかりしている。聴いていても正直、アタイには関係の無い話だ。

 

ただ、カフェも喫煙所も、同様に一般人でも利用出来るってところで、そういう話をしていても良いのかは気になる。

 

ちなみにアタイのヴァイト先に関して言えば、ヴァイトがそういう大企業様達と一緒の空間で過ごすなんてあり得ないから、という理由で従業員用の喫煙所を利用している。一見差別されているように感じるかもしれないけれど、大企業様達は高層オフィスからわざわざエレベーターで下まで降りてきて列に並んで待たなければならないのを考えれば、自分は従業員用の通用口のカードをかざすだけで即座に逆VIPルームで喫煙が出来るので、喫煙環境だけに関して言えばヴァイトの方が優遇されているとすら思う。

 

この逆VIPルームでは、商業エリアの従業員専用とだけあって、どんな客が来たとか飲食店の売上が〜とか、上の大企業様はいいよなぁ なんて話がいつも繰り返されている。

中にはクリニックの看護師なんかもタバコを吸いに来ていたりして、患者のPCR検査の話を平然としていたりする。大手町の大規模摂取における看護師の派遣の話なんかが、ニュースではわからないリアルの部分を向こうから勝手に話してくれる。

 

やっぱり自分はただ、漠然と煙を口から吐き出しているように見せかけて、聴覚に全集中している。真剣に耳を傾けるほど価値のある情報なんてほとんどないのは分かっている。ただ、ビルの裏事情だったり、他の店の売上を感覚的に把握出来るのが面白いから聞いているだけに過ぎない。

 

ツイートにしたって、ラジオにしたってお気に入りのアカウントや番組じゃなければそれ以外はスルーするだろう。それとほとんど一緒だよ。興味がある話だけ耳を傾ける。それだけに過ぎない。

 

 

そもそも日本の証券、金融の中心地であるこの場所に勤めて1年以上が経つが、一向に未来への希望が見いだせるような話が一つも出てこないのが不思議でならない。今の所「ウチの会社もそろそろヤベェんじゃねぇの?」という話もないが、「残業して20時以降残っていると、どこも飯を買う場所が無いんだよね」みたいな話になってくるのは、サラリーマンあるあるだと思っている。

f:id:shaggydot:20151103161047j:plain


 

つーか、こんな大企業に勤めていてテレワークの推進が・・・なんてメディアで言っているくせに、年収だって600万を超えているだろうに、わざわざ出勤するどころか、残業までしているのかよ。とは考えさせられる。

もしかして大企業の高収入って、ただの残業代をかき集めただけの給料なんじゃねぇの?とすら疑いたくなる。仮に土日が休みだろうと、それならばアタイは今みたいに週4で1日5時間程度のフリーターの方が遥かに幸せだと思っている。

 

 

話はリンクするか微妙だが、一応小売のアタイの会社も大企業には該当している。

つまり、大企業の運営するビルの商業エリアにある、小売の大企業がそこに出店していてアタイがヴァイトで雇って貰っている。ってことになるわな。

 

どいつもこいつも顔に生気の無いつまらねぇ客ばかり相手にしていて、本当にマニュアル通りにこなせれば合格点みたいな職場。売上はコロナのせいなのか不明だが、結構厳しい。飲食店では無い。

 

店への不満は特に無いが、ただ時間だけが過ぎ去っていくだけなので日に日に目が死んでいくのだけは確かだ。特にクレームもないし、そんなに変な客も来ないけれど刺激の少ない職場だと感じている。

 

このまま今の仕事に慣れ続けているとやべぇ、ってことでたまに他所の店舗のレジ応援に行きはするが、そっちの方がお客の人間味というか暖かさに触れられることもあって「接客にも良いところはあるじゃねぇかよ」と、自然とこちらまで心が満たされていくのを実感しながら、また次の週の始まりには冷酷な職場に戻って心は冷めていく。

 

最早商業エリアに客がいないんだから、売れるわけが無い。それなのに何故かヴァイトの分際で売上を気にし、扱う食品のロスを減らし、PDCAサイクルまで回し始める奴がここにいる。

 

f:id:shaggydot:20210620131704p:plain

正直社員でもないのに、なんでここまで自分の勤める店の事を考えているのかよくわからない。特段面白くもなく、やり甲斐もほとんどないのに。

それにも関わらず、新商品が出たら試しに買ってみて試食をしたり良さを吟味してPOPを書き、たとえ値引き商品が目当ての客だろうと世間話をしてご機嫌をとり、やる気の無い奴にへりくだって指示を出したりしているのか、全く自分でも理解が出来ない。

 

このまま頑張れば社員にでもなれると思っているのだろうか。かと言って社員になりたいわけでもない。なんか仕事がクビになるのも嫌だから、このまま存続したいが為に頑張っている方が近い気もする。周りはそんな事全然考えていなさそうだけれど。

 

良くも悪くもヴァイト以上の仕事はしないし、出来ない。

一応マーケティングをそれなりに勉強してきたから、ここはこうすると良いよ。みたいな知識はあっても、口にすることはない。

 

ただ、先日のブログにも書いたように、どうして時給も発生しないのに自宅でわざわざ寝る時間を削ってまでPOPを書いているのだろうか。店の事を真剣に思っているから?それともそんなに自分の勤める店が好き? わからない。

 

なんだかんだ真面目なんだなぁと実感したところで、

 

 

 

アクティブログ(活動記録)

別に店の売上を伸ばす方法を考えるのって、従業員じゃなくて役員の仕事でしょ。もっと言えばたまに上司がああしろこうしろ、これは駄目って何か指示してくるからアタイは普通に出勤して言われた事をやっていれば合格点なんですよぉ。

 

これがほとんどの人の考え方だと思う。実際それで良いとも思っているし。

 

まぁアタイに関して言えばひたすら考えるのが好きだから、癖でそうなっちゃうってのもあるでしょうね。流石に疲れてきたんで、そろそろ遊びに行きたいと思っているのよ。

自分を開放してアホになりてぇ。

 

f:id:shaggydot:20210620131833p:plain

 

数々の過ち、愚行、実行をしてきた この三原氏物語。

何か新しい局面に週明けから突入しそうな予感がしている。

 

黒い布マスクをするとハシビロコウに見え、素の顔はいわゆるチー牛。少し前のブログには「可愛くなりたい♥」とか抜かしやがった、あの三原。

 

あんまりこのブログも民度とか関係ないから好き勝手言うけれど、最近刺激に飢えていてだな。以前結婚も子作りも全て諦めて三大欲求の内の性欲だけは克服した と書いたアタイだけれど、性欲は無くても代わりに暇が増える事をハッキリと理解した。すんげー理解した。

 

ここからは大人の話になるから、良い子も悪い子も未成年は駄目よ。

 

性癖の話をする。

 

 

 

 

あのな、実はアタイ早漏なんだよ。っつっても、初めて経験した時には射精が出来なかったんで正直早漏なのかイマイチ分からんけど。ただ、ちょっと特定の体勢じゃないと十分に勃起が出来ないのは理解した。ここまではまだ想像の及ぶ普通の話さ。

 

で、早漏だから何が困るって別に困るこたぁないわけだぜよ。

2ちゃんとか見ていた頃だとオナニーに2時間かける とか言うゴージャスな時間の使い方をする奴が結構いた記憶があるが、アタイに関してはその気になれば4分もあればエクスタシーに達する。

 

んなこたぁどうでもいいんだが、いわゆるオカズによって事後の満足度が違う事は高校生の頃から把握していたのね。

どうもアタイにとっては可愛いとかキレイってのは別に重要じゃなくて、おっぱいが大きいとか、黒人に侵されているとかそういう極端なものが好きなのよ。願望は全然無いけどな。第一選り好み出来るような人間じゃないし。

 

ところが物心ついた時からそういうのに慣れ親しんでいると(?)流石に30歳を超えた辺りで効用が低減してくるのさ。「新しい刺激が欲しい」ってね。

 

正直言ってオカズなんてエロ動画販売サイトのサンプルで十分満ち足りるんだけれど、あのな、オナニーに15分以上時間を割いていられる程意識が低くないわけよ。

そりゃあ暇ですし、忙しくもない日々だよ。特に他にやることもない。

それでもな、何でも物事は早い方が得じゃないですか。加速する社会に付いていくには、無駄な時間を極力削る。風呂も6分で済ますし、オナニーも5分で終わらせる。

要はダラダラとスマホやち○こをいじっているのがよろしく無いんですよ。

 

そうなるともうね、自慰一つ見ても「ゆっくり長く楽しむ」なんてゆとりはなくて、「迅速かつスピーディ」に事を済ませた方が良いわけですよ。

f:id:shaggydot:20210620132023p:plain


 

ここまで来ると、自慰なんて単なる一種の作業に等しい。週に1回もしないけれど、別に必要な行いでもないから、しないに過ぎない。

 

ただし、どれもこれも有り触れた展開ばかりでそろそろアダルトにも飽きが来てさ。なんか新しい分野を開拓したいとかいう、謎のフロンティア精神に溢れていた4年前のアタイは、流石にお前頭おかしいんじゃねぇの?みたいなジャンルに手を染める。

 

男の娘。見た目は可愛い女子なのに、ち○こがついている。しかもデカイ。ただのオカマじゃねぇか、ってそういう意見もあるだろうけれど、あれは間違いなく見続けていると頭が悪くなるくらい、刺激が強い。そしてそれに伴う自慰には、どことなく背徳感がある。だがそれがいい

 

 

それで、こういうのを見ているとある時不意に「アタイもこんな風に可愛くなりたいな」とか思い始める時が出てくるのよ。化粧の仕方なんて微塵も知らないし、当たり前だが女性用の服なんか持ち合わせていない。女装と「可愛く装う」のは別だと思っている。

 

何事も経験だぜ。という謎の好奇心から、月曜に友達と新宿二丁目に行くことになった。女子っぽいメイクをしてくれるらしい。果たして自分がどうなってしまうのか。全く分からんですけれど、好奇心に満ちあふれています。

全く以てそれがいい方向なのかはわからないが、何か人生が変わるようなきっかけの一つに成りえそうで楽しみで仕方がない。

f:id:shaggydot:20150425235931j:plain

 

大手町の白けた世界で真面目さを装っても、そろそろ疲れてくるので時にはこうして自分を変えてみようと思ったわけでございまする。

 

じゃ、今回はこの辺で。

 

読んで頂き有難う御座いました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 贅沢な時間のある暮らしへ

 

《三原氏物語公式LINEスタンプはこちらから‼ ⬇》

store.line.me