三原氏物語

有り余る時間と珈琲で、誰もが憧れる無敵の障害者を目指すアラサーの妄想日記

スマホのプラグマティズム

4年間?お世話になりました。

 

雑談

明日、アタイはApple Storeに向かう。バッテリーが半日と保たないiPhone8を持って。

ついに機種変のときが来たようだ。と、ちょっとだけワクワクしている。新しいスマホはどんな使い勝手なのか、指紋認証じゃなくて顔でロックが解除出来るとはどんなものなのか。そういった楽しみが4年の時を経て、ようやく実感出来るのが明日なんだ。

 

とは言っても、今の所では14proか13miniのどちらにしようかで迷っている。14proに新しく搭載されたdyamic islandという機能と大きなディスプレイをとるか、或いは小ささだけを重視して13miniにするか。

 

時折自撮りなどをこのブログやTwitterでは掲載するが、実はアタイは平均よりも手がデカい。

それでも電子機器は基本的に小さいものを好む。だから13miniにするだろう、というのが順当な流れだ。

 

14シリーズにはminiがない。大前提として、アタイは滅多に動画の撮影を行わない。そして大の動画嫌いなので、スマホでムービーを視聴することも一切ない。Twitterに投稿されている1分程度のものならば時折見るが、You Tubeを始めとした動画コンテンツはまず見ない。

 

どうもここ数年のiPhoneはディスプレイの美しさと、ゲームのしやすさ、そして映えるカメラに注力して進化を経てきたように感じている。

ディスプレイが美しいに越したことはないが、ゲームもまた一切しないし、カメラも概要さえ大体撮影出来れば、別に暗いところでわざわざ撮影する必要もないと考えているし、そもそも8から乗り換えてカメラのレンズが2つ追加されたところで、アタイ自身は3倍キレイになるわけじゃない。

 

最先端のチップを搭載しているから高度な処理が出来る!と言われても使っている人間がそもそも途方も無いバカなのだから、恐らくオーバーテクノロジーだ。別に最新のスマホを持っているからそれに合わせて頭が良くなるってわけでもない。

 

最も頭を抱えたのは、わざわざ14が発表されるのを待った挙げ句、理想のスマホが去年発売された13miniで、しかも今年の6月の頃よりも価格が上がっていることだった。何のために一年待ったのだろうか。

 

もっと言えば現在使用している8でも、バッテリーを除けば特に不自由はしていない。かと言ってSEにするのは何となく「現状維持」みたいな感じがしていて、嫌なのである。

 

機種変に当たって、いずれにせよ5G対応にはなるが、やはり外出先でデータ量の多い通信は自分の中では考えにくい。高速通信だろうが、結局相手の返信する速度には大差がないのだから。

 

専らアタイが利用するアプリはTwitter,Instagram,spotifyだ。これらはLINEモバイルのデータフリープランで、パケットを気にせずに気兼ねなく利用出来る。格安SIMの4G回線だろうと、特に通信の遅さも気にならない上に、LINEでのビデオ通話もし放題なのでこれで困ったことがない。

 

というか、5G対応エリアをキャリア各社が発表している地図と現住所を照らし合わせてみると、アタイの住む下町は残念ながら4G回線が主流だったりするのだ。東京23区でもこんなもんかよ、とちょっと呆れてくる。

 

結局最新のスマホに搭載された機能のほとんどは「そこまでのスペックが必要なのか?」で考えてしまうと、「だったらiPhoneじゃなくても良くね?」になってくる。

使い勝手の良いデバイスとしてiPadMacBookを持っているから、互換性を考慮すると他社よりもiPhoneが良いとなるわけだけれど、正直スマホの使用時間ってアタイの場合は一日に1時間も触れていないのが現実なのだ。

 

考え事は全部iPadで済ますし、文章を書いたり何かを編集するならばMacBookに頼る。

スマホなんて誰かから通知が来た時に返事をするためだけに持っているようなもので、特にこちらから旧友に連絡することもなければ、ほとんどが親からの連絡だけなので、最悪スマホは持っていなくてもいいんじゃないのという話になってくる。

 

スマホの使用時間の大半をSpotifyが占めており、こうなるとカメラ付きで通話が出来る高価なipodを持っているのと大差がない。だから結論を言うと、喉から手が出るほど欲しいと思えるスマホが無いわけだ。

 

デカいのは嫌い、カメラもほとんど使わない、アプリも音楽とSNS、あとはちょっとした家計簿くらい。ゲームもしなければ動画も見ない。

 

何故かワクワクよりも損失のほうが多い気がしている。

 

今日を以て最後となるiPhone8,これは今どき珍しくケースにも入れていなければ、保護フィルムすら貼っていない。でも傷は一切ない。そこら辺の馬鹿と違って、歩きながらスマホを操作しないからだ。

 

大学生活を共にした相棒、よくここまで頑張ってくれた。まるで新車に買い換えるような気分だ。スノボーの時もゲレンデで片時も離さなかった。仕様時間こそ短いものの、常に新しい音楽を飽きることなく再生してくれた。一番話しかけた内容は「明日の天気は?」だったか。午前と午後で言っていることが違うのもよく有ったな。

 

そう思うと、これから火葬される遺体を見送るような気分になってきた。昔からそうだったか?初めて手にしたスマホiPhone5だったが、機種変の時にここまでの想いがあったか。

デスクの脇には常にコイツがあった。図書館で自習をする時も、パソコンで何かを書く時も、卒論の時も、資格勉強の時も脇にはコイツがいた。

 

知らない街を散歩するとき、地図でアタイの存在を示してくれたのが何よりも心強かった。適度に解像度の低い撮影画像が、逆に自分をキレイに映し出していた。やり残したことはあっただろうか。本当はぶっ壊れるまで使ってやりたかった。

 

計画的製品陳腐化戦略というマーケティングの手法によって、まだ使える機種もボロく感じさせられる。ここまで自分にとって、可も不可も無いスペックのスマホはもう二度と現れないだろう。

 

引き寄せられるような大きくてキレイなディスプレイは、その分現実から自分を遠ざける。ガトリングキャノンのように搭載された複数のカメラが映し出す画像は真実と言えるのか。

 

次のスマホは自分を遠くへと導いてくれるのだろうか。友達が増えるきっかけにはなり得るのだろうか。会計の度にいちいちマスクを外さなければならない面倒が増えるだけなのではないだろうか。愛着とまではいかないが、広告以外ろくに通知のこないこのスマホの行く末が知りたい。

 

バラバラに分解されて再利用され、どこか異国の知らない人の手元に最新機種として生まれ変わるのか。それともこの形のまま、発展途上国にてアタイが使っていたとも知らずに使われるのか。どうなるのかは分からないが、人生を共に歩んでくれた相棒とは今日でお別れだ。よく頑張ったよ。もしかしたら人生で一番利用時間の長いデバイスだったかもしれない。

 

ありがとう。

 

 

 

 

ってなわけで、

 

アクティブログ(活動記録)

無事に仕事が終わったわ。どうも今月は変なトラブルが多い気がしていてですね。

なんだろう、厄年とかじゃなくて、厄月なのかしら。

 

連休だ!٩( ᐛ )وと喜べば台風が来るし、洗濯もろくに干せない上にチャリで出かけられない。オマケに気圧にやられて、火曜なんか頭の病院に行った以外はずっと自宅で寝転んでいたわ。試験が終わったら毎日ブログは更新しようと意気込んでいたのに、それすら敵わないなんて。ホント悔しい。

 

気圧で体調が悪くなる前兆としては、アタイの場合は耳が少し聞こえなくなるってのがあるわね。その内聴覚がぶっ飛んでしまわないか心配になるくらいよ。東大のインタビューを経てメンタル的には賢くなったつもりなのに、いきなり寝込んでしまって、しかも若干太るという悪循環。20代過ぎたら太るって都市伝説だと思っていたのに、「だらしねぇからそうなるんだろ」と思っていたのに、マジで太り始めるのね。まぁだらしないのは否定出来ないけどさ。

 

大体、健康でいることって結構金かかるんだよ。書店の自己啓発書には「筋トレしろ!メンタルも回復するし、運動不足も解消できるし、体も引き締まる!!」とか言うけれど、運動すると腹が減るんだよ。腹が減るってことはその分飯を食わなきゃいけないわけですよ。そうなるとタダでさえ月10万程度で暮らしているアタイが、食費にもっと貢がなきゃならなくなるわけですよ!

 

動かないのが一番腹が減らないってのが持論。筋トレはねぇ、アタイから言わせれば贅沢そのものなのよ。それで体型を極力維持して、尚且つあまり腹も減らない運動となると散歩かサイクリングしかねぇわけよ。

 

それで休日は「思い切って出かけてみよー٩( ᐛ )و」とか思って顔に日焼け止めを塗って家を出ようとした瞬間に豪雨が降ってくるのね。お家で大人しくしていろって言われても「緊急事態宣言じゃないのに、なんで出歩いちゃいかんねん」ってツッコミたくなるじゃない。

 

台風だったらほら、河川の様子を見に行こうとか、田んぼや漁船が気になって・・・とか行って見に行ったきり帰って来ない例が毎年あるじゃん。あと何故かこういう時期なのに河川でバーベキューやって、川で泳いでいたら行方不明なんつーのも、「人間学べよ」って言いたくなるくらい毎年あるじゃん。

 

一応アタイはこれでも小賢しい馬鹿なんだよ。下町に住んでいて、徒歩15分も歩けば近所には荒川と隅田川っつー、そこそこの河川があってだな。台風の日にこれを見に行って動画に収めればYouTuberとして一発当たるんじゃねーの?とか企ててみるけれど、結局アタイは利口だからお家で大人しくチキンラーメンを食べて終わるわけよ。

 

雨戸の無い家賃5万のアパートだから、雨が窓を打つ音がうるさくて、ノイズキャンセリングヘッドホンがあってもうるさいくらい。しかもよりによってBGMが熱帯雨林の再現音とか来ると、体感的には湿度300%を超越して鬱陶しくなってくるのね。

 

せっかくの休みだから、いつもならば銭湯に行くのに・・・って思っても、露天風呂で暴風にさらされたら「整った」もクソも無いから自宅のシャワーで我慢しているわけですけれど、たった一回、週イチの銭湯を逃したくらいでパフォーマンスが格段に低下するのよ。

 

重力の塊みたいな幽霊に取り憑かれた感じといえば良いのかしら。この圧を溜め込むと、整ったの真逆で「乱された」状態になるのは言わずもがな。仕事でミスるし、血流が悪くなるし、変に寝付きも悪くなる。

 

そして台風が明けた木曜は、なんか一段と寒くなってきて今度は出かけたい気持ちから出かけたくない気持ちに切り替わるのよ。良いことなんてその辺のお菓子売り場が、芋と栗の味で満たされているくらいのもんよ。

 

この時期が一番珈琲もお菓子も美味い。晴れていればね。冬の朝の珈琲が美味いって人は良く聞くけれど、アタイとしては秋の午前だね。300円くらいする栗を練り込んだチョコレートを頬張りながら飲むホットコーヒーが一年で一番幸せだと思うわ。これは個人的に異論は認めない。ちなみに一番不味い時期が梅雨。プロが抽出してもキマらない時期よ。

 

それで木曜の仕事がトラブったものの、なんとか終わって「さあ、明日はiPhoneを買いに行くわよ!」って段階になって「Hey Siri ! 明日の天気は??٩( ᐛ )و」と尋ねると「明日はあまり天気が良くないでしょう」と返ってくるわけね。

お前OSをアップデートしてから最近それしか言ってなくね?って人工知能に対して初めて説教をしかけたところで、なんとか気力を振り絞ってブログを書いているのが今の状況。

 

やっぱり気のせいじゃない、重力の塊の幽霊が体に伸し掛かってきて、それもスライムかぷよぷよみたいに結合してどんどんしんどくなってくる。台風が近づいているのかなぁと、ニュースを見なくても体感的に分かる。

 

ここまで来ると風呂に入る気力が一切湧かず、なんとか歯だけは磨いて寝る状態に突入するわ。風呂は朝入れば良い。誰にも迷惑がかからないのだし。

 

まだどの機種にしようか悩んでいる最中で、しかも今日は6時起きだから、そろそろ寝ないとまずい。ブログの見直しはせず、ダイレクトに更新します。

 

じゃ、今回はこの辺で。。。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 贅沢な時間のある暮らしへ

 

《三原氏物語公式LINEスタンプはこちらから‼ ⬇》

store.line.me