三原氏物語

有り余る時間と珈琲で、誰もが憧れる無敵の障害者を目指すアラサーの妄想日記

生活が豊かになったら太ってきた

 

最早、最底辺じゃなくなった。

雑談

「最底辺から最先端へ」これが、かつてのキャッチコピーだったアタイ。しかしながらちょっとだけ豊かになった結果、最底辺を脱却し、底辺くらいにまで階級はアップした気がしている。

 

相変わらず肩書はフリーターで、やりたいことも特に見つからないまま32歳となり、そろそろ2022年も終盤に差し掛かったこの頃合いである。前回も確かに「手取りが上がったおかげ(せい)で、来年度から税金取られるかも」と書いた。そのくらいに、手取りが増えている。

 

よくSNSや自分の意見を発信する場で見かける「保育士やっていて手取り13万」みたいな境遇に近づいてきた。労働時間は保育士よりも遥かに下回るが、手取りとしてはそのくらい貰っている事実だ。

 

今の仕事は完全に「ライスワーク」であって、別に楽しくも無ければ、然程やりがいもない。

年収1000万円超えの上級国民相手に頭を下げながら薄利多売の安物を渡して代金を頂戴するだけの仕事に過ぎない。その割には時給だけは良く、滅多に迷惑な客が来ないのもあって完全に今の職場に甘えている自分がいる。

 

いっそのこと、今の仕事を辞めてブロガーとして生きていこうか、そうした方が常に危機感があってスリル満点の人生が楽しめるんじゃないか、と時折考えることがある。なんせ商品を渡して代金を受け取るだけの仕事なのだから、代替は幾らでも効く。AIの進歩が〜という感じは全くしないが、それでも現場はどこも人手不足な事に変わりはない。

 

ブロガー一本で生きていければ、それが一番「やりたいことの実現」に近いのかもしれないが、現実として週に3本も更新出来ればまだマシな方で、しかもそれほど読まれない弱小ブログとなると、結局今の仕事をメインに齧りつき、余暇でブログを更新せざるを得ない状況なのである。

 

さて、そんな人手不足のこの業界、まぁ小売はいつもどこもそんな感じではあるが、人手不足でもそれなりに頑張ってくれているという意味を込めて時給が上がった。加えて労働時間が増え、週に約30時間働くことになった。

 

これが保育士並の手取りとなる理由だが、更に去年の確定申告において障害者控除をした結果、住民税非課税世帯に分類されたおかげで、アタイは先日10万円を給付金として支給して頂き、立て続けに「電気・ガス・食品の価格高騰対策」の一環としての5万円給付の通知書も自宅に届いた。

 

今年だけで不労所得が15万円になる。

そもそも自分の収入を超えて支出を発生させるから赤字になるんだぞ、っていう物凄く当たり前の前提さえ抑えておけば、贅沢さえしなければ辛うじて細々と生きていくことは可能なわけで、唐突に合計15万円を貰っても金銭感覚が狂うだけでろくなことになりかねない。

 

今の所、既に貰った10万円の内、1.5万円は自宅の設備投資(寒さを凌ぐルームウェアと本棚の購入)とノリで深く考えもせずにビットコインを4,000円分購入した程度だ。加えて2回外食をしてしまったが、まだ余裕は十分にある。

 

カードの返済を滞納とまでは行かないが、結構2回払にして有耶無耶にしていたところがあるので、その分の返済に残りの給付金が消え、ようやく残った分が貯蓄としてとっておくことができるようになる。

 

めちゃくちゃリッチなわけでもないが、メンタル的に余裕が出来た点に関しては大いに国に感謝している。根本的には消費税さえ下げれば、こんなに生活に苦労することは無いと個人的には思っているが。

 

稼げなさすぎるのも問題ではあるが、変に稼ぎすぎても大したメリットが無いと自分は思っているので、贅沢なワガママかもしれないが「これ以上給料は増えなくていい」と本気で思っている。最近取り組んでいるマッチングアプリでも年収が400万はないと、素敵な女性とメッセージの交換すら実現出来ないなぁと直感で分かっているのだが、そんなに稼いでも「じゃあ今の3倍くらい幸福になれるか?」と訊かれたら間違いなく答えはNoだし、根本的にそこまで稼げるくらい働きたくないのと、もう欲しいものは一通り手に入ってしまったので、あとは消耗品が壊れると言った不測の事態にでもならない限り高い買い物は、ほぼしないので年収を上げるメリットがわからない。

 

休日ならば休日らしく、自宅でのんびり過ごすだけでお金は消費しないのだから、これ以上幸福度が高くて節約になる暇つぶしがあるのならば、是非とも教えてほしいところだ。

 

まぁ物欲は無くても、腹だけはそれなりに減るので食費は削れない。ちょっと手元のお金が増えたから、調子に乗って外食する機会が少し増えた結果として、ダラシなさが加速し、微妙に太ってきたのを放っておくわけにもいかず、今後は「出かけると金を使うVS引きこもると運動不足で太る」のジレンマと戦うお金との相談が続くのだろう。

 

本当に浪費だけは敵だと、心に留めておきたい。

 

 

ってなわけで、

 

アクティブログ(活動記録)

ほとんどの出勤日の勤務時間が早まったわけよ。そのせいなのか、地味に生活リズムが朝型になりつつあるわ。昔に比べて昼まで寝ていることは物凄く減ったのね。

 

雑談と話が重複するけれど、5万円の給付の案内が自宅に届いた時に「貰えるものは貰っておくけれど、何に使えばいいんだろう?」と、ひたすら考えてしまったわ。使いみちが無いのならば、使わないのが一番よね。でも、国が金銭的に補助してくれるのは、これが最後になるのかもしれないから、マジで良く考えておいた方がいいわ。次に何か有った時に誰も助けてくれないんじゃ、どうしようも無いからね。

 

この間は平日に再び都庁へ。これで面倒な手続きは最後となったわ。職場の同僚のオバサマと一緒に行って、都庁の食堂でランチを堪能しました。色々話したけれどオバサマは50代を超えていても、まだまだやりたいことがあるらしく、熱量があるっていうのは凄いなぁと圧倒されたところよ。それから満腹になりながらも、アタイは出勤。

 

土曜は客数が少ないとは言え、オープンからクローズまでの通し。一日中働いていたわ。寝坊するかと思ったけれど、案外早く起きられるものよ。下駄箱を作る、という謎のミッションをこなして、あとはずっとぼーっとしていたわ。昼に天丼、夜は麻辣麺と二回外食してしまい、贅沢しすぎたわと反省。

 

 

今日の日曜は溜まった書類の整理と、オンラインサービスの登録などの手続きを経て、午後からちょっとだけ勉強したわ。なんか動画での学習ってダルいのよね。自分のペースで教科書を読む方が遥かに身につくんだけれど、そういう教科書が市販にないから苦労するわけで。

 

勉強が終わってから近所のスーパーにワインと卵を買いに行き、ワインを飲みながらブログを書いているわ。安いやつよ。酒はほぼ毎日飲むんだけれど、近頃は甘味料の入ったものは極力避けているわ。理由は太ってきたからよ。まぁワインで痩せるなんて話は聞いたことねぇが。

 

時刻はまだ18時前なので、これからnoteを一本作ろうと思っています。

これでも一応、勤務時間外に週20時間労働をしよう!という目標を立てているのでね。

 

じゃ、今回はこの辺で。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 贅沢な時間のある暮らしへ

 

《三原氏物語公式LINEスタンプはこちらから‼ ⬇》

store.line.me